むずむず脚症候群

MENU

むずむず脚症候群って何?

むずむず脚症候群 画像むずむず脚症候群という、病気をご存知でしょうか?

 

現在、不眠症の原因として注目させている病気で、
約130万人もの人が、この病気で悩んでいるそうです。

 

しかし新しく知名度が低い為、自覚している人は少ない病気です。

 

むずむず脚症候群は、別名「レストレスレッグス症候群」で、
リラックス時やじっとしている時に、脚に違和感を覚える病気。

 

個人差がありますが、むずむずしたり、痒みを感じる方が多いです。

 

 

症状は夜現れやすい。

むずむず脚症候群 画像

 

むずむず脚症候群の症状の特徴として挙げられるのは、
症状が夕方から夜にかけて、現れやすいというもの。

 

特に、ベッドに入って眠りかけた時に、
無性に足を動かしたり、掻いたりしたくなるそうです。

 

そうすると、症状が軽減されるのです。

 

この症状は、突然現れますし、夜に特に多いので、
不眠症の原因とも言われているんです。

 

実際に、寝ている間でも、不快感で無意識に足を動かしてしまうそうですよ。

 

 

睡眠障害で、ストレスに。

 

むずむず脚症候群は、夜寝る時に現れやすい病気。

 

1日の疲れをとる睡眠の、妨げとなってしまう場合もあります。

 

眠りにつこうとした時に、無性に脚を動かしたくなる。
不快感で眠れなくなる。
眠れない事が、ストレスになる。

 

この繰り返しで、酷い時には、うつとなってしまうこともあるそうです。

 

むずむず脚症候群の最も重大な問題点として、
挙げられるほど、睡眠障害は深刻なもの。

 

軽度のむずむずする程度でも、不快感は相当なものですが、
重度になると、火照りや刺すような痛みを感じる方もいるんです。

 

この我慢できない不快感は、一体何が原因なのでしょうか?

 

 

鉄分不足が原因!?

むずむず脚症候群 画像

 

むずむず脚症候群は、はっきりとした原因がわからない、
新しい病気なんです。

 

 

今の医学で一番有力な説が、脳内のドーパミンが正常に
働いていないというもの。

 

ドーパミンは、神経伝達物質で、ドーパミンに異常があると、
間違った情報が脳へと伝わってしまうため、
その情報の不一致が、違和感となって現れると考えられています。

 

また、ドーパミンは鉄分不足によって、分泌量が減ってしまうため、
月経などで鉄分が不足しやすい、女性の発症率が男性よりも高いです。

 

鉄分不足は、貧血、たちくらみ、めまい等の良く知られる症状だけではなく、
足がむずむずするために、睡眠障害まで引き起こしてしまいかねません。

 

日本人女性は、慢性的に鉄分不足と言われているので、
意識的に、鉄分を摂取するように心がけたいものですね。